セミナー講師紹介

原 純一

所属

きらり健康生活協同組合 上松川診療所

歯科口腔外科

​歯学博士

​○完全側臥位を試されてないで食べられない、むせてしまう。経口摂取を断念せざる負えない人に試していない人ほど試していただけるとチャンスは生まれてくると思います。

​工藤 浩

所属

飛騨市民病院

内科部長

○既存の誤嚥予防方法で行き詰まりを感じている方だけでなく高齢者医療に関わる全ての人に知ってもらいたい。

栗澤 祥平

所属

健和会病院

リハビリテーション科

​言語聴覚士

○完全側臥位が世間に周知されることで、嚥下障害で食べることが難しくなり、経口不能と判断される前に嚥下障害治療の選択肢の一つとして、完全側臥位を試すことができると良いと感じています。完全側臥位を必要と感じてくださる方により知ってもらいたい。

井出 浩希

所属

医療法人三紲会 ファインシニアけやき

施設長

​理学療法士

○言語聴覚士、摂食・嚥下認定看護師がいない介護現場やVE,VF検査ができない現場で頑張っている人たちに知ってもらいたい。

源間隆雄

所属

札幌麻生脳神経外科病院

リハビリテーション科

​主任 言語聴覚士

○医科歯科医の方には、経口摂取方法の選択肢の一つとして知ってもらいたい。VF,VE検査の選択肢の一つとして入れて欲しい。コメディカルの方には、基本的な事柄を確認してもらって誰が行っても同一の姿勢・方法が実践できて安全安心な完全側臥位法を啓蒙しましょう。