top of page

もう2度と誤嚥性肺炎で入院させたくないあなたへ

~​安心してぐっすり眠れる日々を○○○○で手に入れました~

こんなに嫌な思いをしながら父はずっと耐えてきたんだ…  
涙が出ました。

父は1日に頻繁に吸引する必要がありました。
取りきれなくてたんが肺に入ってしまったらどうしよう…とすごく不安でした。
入院中、看護師さんにお願いしてとにかく触って慣れることができるように、毎日吸引器のやり方を教えていただいて覚えました。
いろいろな看護師さんが吸引してくださるのを見ましたが、苦しそうに身悶えする時もあり、そんな父を見るのもとてもつらいことでした。

入院中.jpg

どうしたら苦痛を軽減できるのかを知りたくて練習し始めた頃、吸引カテーテルを口や鼻から入れられるというのはどんな気持ちなのだろう…と、父の気持ちを知るために自分で自分の口や鼻に入れてみました。
入ってくるタイミングもわかっているのになんとも言えない怖さで首や肩が緊張して力が入りました。
お鼻に入れた場合は抜いた後もしばらく嫌な感じが残りました。
こんなに嫌な思いをしながら父はずっと耐えてきたんだ…
涙が出ました。

2017.11.07   一命を取りとめた父.jpg

退院して父が家に帰ってきた日、父を家に連れてきてあげられた安堵とまた一緒に暮らせるという喜びが胸に広がりました。
それと同時に、これからは自分が父のたん吸引をしっかりやらなくちゃと、気が引き締まる思いと緊張感がありました。

2018.05.30  退院して家に帰ってきてホッとした顔の父.jpg

何度も父の様子を見に行き、ゴロゴロしたら吸引するようにしていましたが、心配で落ち着きませんでした。
ゴロゴロしているのに取りきれない時には咳をしてもらって、たんが上がってきたら取るように教えていただいたので、父に咳を促して取るようにしていましたが、咳をするということも父には難しいようでした。
吸引そのものが父を疲れさせているように感じて、する私もとてもつらくて…謝りながらしていました。
このようにたん吸引はつらいものでしたが、教えていただいた回復体位のおかげで、父も私もずいぶん楽になりました。

2018.08.17  回復体位でスヤスヤ.jpg

父はパーキンソン病による拘縮があり、首の骨が反り返ってしまっています。

そのことによって、つばを貯めるスペースを骨が潰していて、普通の人より仰臥位にすると唾を貯められるはずのスペースがなくなってしまっているため、仰臥位になることで唾液誤嚥が持続的にあることを教えてくださいました。

唾液をなんとかするために、とても体力を使うからなるべく仰臥位で過ごすことをやめて側臥位で過ごすと良いことも教えてくださいました。

吸引してもすぐにゴロゴロしてしまうのはそのためだと知りました。

2018.08.03 円背と首の反り返りがわかる写真.jpg

さっそく回復体位にしてみると、痰が自然と口の外に流れ出てきて、ゴロゴロしないので、とても呼吸がしやすそうで首や肩の緊張もなくリラックスしています。
吸引もずいぶんと楽になりました。
つらい鼻からの吸引はしなくてよくなりました。

父の苦しみを減らすことができて、私もずいぶん救われています。
吸引に対する不安がなくなり安心して在宅でみることができることは、本当にありがたいことです♡
たん吸引の苦しみが軽減される方法があることも、完全側臥位によって経口摂取できるのと同じくらい世の中に広まってほしいことです。

「唾液が肺の方に行かないようにすると食べることにつながる」
この言葉をしみじみと感じています♡

回復体位.jpg

あなたの吸引が原因で入院しているかもしれません!
​不要な吸引は今すぐやめるべきです!

家族のために、苦しい表情を見ながらの吸引が、実は誤嚥性肺炎を引き起こしているかもしれません。不要な吸引は、今すぐやめるべきです。

肺の入口をきれいにしておくことで

  •  呼吸が楽になる

  • 喉のゴロゴロがなくなる 

  • むせや咳き込みが治まる 

  •  むせずに食べられる

家族や介護職が行える「口・鼻」の吸引では、肺の入口の唾液などを吸引することはできません。

・吸引したのに、5分もたたないうちに喉がゴロゴロ鳴る

・ぜーぜーと呼吸が荒い

・いつまで吸引を続けたらいいのか分からない

このような経験はありませんか。

​2度と誤嚥性肺炎で入院させないためには

​これらは、不要な吸引です。

もう2度と誤嚥性肺炎で入院さないために、今すぐできること

もう2度と誤嚥性肺炎で入院させたくないあなたにすぐに実行できて、

効果が得られる方法をお伝えします。

安心してください。早くて3日後には

  • 喉のゴロゴロがなくなり

  • 誤嚥性肺炎予防と

  • いやな吸引の心配をしなくて済む

​  そんな時間が多く作れます!

もう2度と誤嚥性肺炎で入院させたくない方へ
回復体位クッションなら、手と足を乗せるだけで簡単に回復体位が作れます!

手と足を乗せるだけで、唾液による誤嚥性肺炎予防と吸引を減らせる回復体位クッション 

回復体位クッション_edited.jpg

「回復体位で楽な呼吸と唾液誤嚥を防ぐための注意点」

回復体位の姿勢は、特に支持基底面が狭く、不安定なため、適切なポジショニングが必要です。

  • 例えば、

  • ・上側の腕は屈曲しやすく、クッションを使用して適切な位置に保持することが推奨されます。

  • ・これにより、腕の重みが肋骨や呼吸に影響を与えないようにすることができます。

  • ・肩甲帯のポジショニングが不良であると、肩にメカニカルストレスがかかり、軟部組織の損傷を招く可能性があります。

  • ・そのため、下側の肩は肩甲骨を下制させながら、肩関節への直接の荷重とならないように、肩甲骨をしっかり外転に引き出してあげることが重要です。

  • ・また、上側の肩や上肢は、上側が麻痺側であるとすると肩甲骨が後退し、体幹が回旋していることが多いです。

  • このため、上側肩関節は屈曲し、内外転中間位になるようにクッションを体の前に置いてあげることが推奨されます。

  • ・下肢のポジショニングでは、上側の股関節は内旋・内転位となり、上側骨盤がその股関節内転・内旋にひっぱられるように回旋してしまいます。そのため、左右の大腿・膝・下腿・足部にクッションを挟み、クッションの厚みは股関節中間位になることを心がけます。大腿だけにクッションを入れた場合は、下腿~足部の重さによって外旋位になってしまうので、足部までクッションを挟むと良いでしょう。これらのポジショニングの技術は、患者さんの快適性と安全性を確保するために非常に重要です。

回復体位クッションでは、これらの内容を1つのクッションで実現できます。
 

体格に応じて、ビーズを抜いたり、かさ上げするために小袋やタオルをファスナーを空けて必要な個所に足すことができます。

腕と足それぞれを乗せるクッションのビーズを抜いて厚みを調整できる

中材の位置.jpg

個々の体格に合わせてカスタマイズすることが可能です。
小柄な女性の場合はビーズを抜く場合が多いです。

一般的な市販の抱き枕と比較すると

腕と足の厚みの調整ができるクッションはありません。
理想の回復体位姿勢は
・肘が肩より高くならないようにする。水平もしくは、低くすると肩関節を痛めない。
・膝は骨盤と同じ又は少し低い高さにする。膝が低すぎると股関節を痛めやすくなる。
一般の抱き枕は、回復体位を保つために設計されていません。
誤嚥性肺炎で入院しないために、唾液誤嚥予防を確実にできるクッションは。「回復体位クッション」です。

手と足を乗せるだけで、唾液による誤嚥性肺炎予防と吸引を減らせる回復体位クッション 

ご家族からの感想
体に楽な回復体位は肩と肘の高さを同じに、骨盤と膝と踵を平行にするとありますが回復体位クッションを使うと簡単にそういう状態にしてあげることができます。

父は少しでも重たいと「重いからどけて」というのですが、軽いので父はとても気に入っている様子です。
軽い素材ですが、しっかりと支えてくれるので回復体位を保つことができて、こちらを使わせていただいてから父はとてもリラックスして過ごすことができるようになりました。
表情もとても柔らかでスヤスヤ寝ている父を見るとこちらもホッとします。

回復体位クッションの特徴

・手と足を乗せるだけで、唾液による誤嚥性肺炎予防と吸引を減らせる
・ビーズを抜いて厚みを調整できる。
・男性、女性関係なく使用できる
・エアーマットレスや低反発でも使用できる
・洗濯、消毒可能(塩素系は色落ちする場合があります。)

・1つのクッションで姿勢調整できる

仕様​

  • サイズ    

     クッションサイズ:480×1240×130mm~
     高さ調整小袋サイズ:300×200×100mm

  • 素材    カバー:ポリエステル100%

     中材生地:ポリエステル100%
     ビーズクッション:ポリスチレン・ポリエチレン重合体
注意事項    

・針やカッターナイフなど、刃物や鋭利なものを本体に使用しないでください。
・本品は可燃性です。タバコなど、火気の近くでの使用には十分ご注意ください。

 

お手入れ方法    

・唾液、嘔吐、頭髪、薬剤などが生地に付着し、不衛生になった場合、洗濯ができます。
・洗濯はぬるま湯で、手洗い後、脱水して下さい。

・乾燥機を避けて(耐熱75度)日陰干しして下さい。

・カバーは洗濯ネットに入れ洗濯機で洗濯してください。

・酸素系消毒可能。塩素系は色落ちすることがあります。

・中材クッションは、大きめの洗濯ネットに入れ手洗いしてください。

​ 脱水後日陰干ししてください。天日干しや乾燥機はしないでください。(ビーズの耐熱75度)

付属品

安楽に回復体位で過ごしていただくためのサポート

動画でサポート

施設入所をされているご家族様に回復体位クッションを使用するときの説明として、YouTube動画をお使いください。

 

  •  誤嚥性肺炎の原因はあなたの吸引かもしれません! 家族と介護職ができる吸引では唾液誤嚥のリスクを取り除くことはできません。

       https://youtu.be/ypWsVk1-H_0

  • 使用説明動画

    https://youtu.be/H0ie3ao_0eU

お客様の声

  • 思っていたより、感触が良くて気に入っています。    東京 S.O

  • 通院している病院で、顔見知りになった方と、励ましあいながら話しをしていました。同じ主治医の先生から教えてもらった唾液誤嚥予防の姿勢をどうされているか聞いたところ、この回復体位クッションいいよと教えてもらい購入しました。  東京 U.K

  • 訪問歯科医の先生が口腔ケアをする時に、回復体位クッションを使っていてとても感触が良くてその場から先生に電話をかけていただき注文させていただきました。  群馬 K.H

  • ビーズを抜くときに、飛び散ったらどうしようと心配でした。フローリングの上で一緒に入っていたパイプとネットを使って簡単に抜けました。ネットをもう1つ用意しておいた方が良いかと思いました。  神奈川 A.S

  • おむつをしていますが、どうしてもおしっこの臭いが移るのでカバーがあるか問い合わせをして購入しました。  大分 k.A

  • ​ビーズを抜いてびっくり、小豆ぐらいの大きさの白色とちりめんじゃこぐらいの薄くカットしたようなものがあり ました。ビーズは思っていたより大きいです。       大阪 M,T

  • 早く送ってくださり助かりました。本当にゴロゴロがなくなりびっくりしています。  福岡 A.T 

  • 施設に送っていただきありがとうございました。施設職員と一緒にZoomセミナーを受けさせていただき使い方だけでなく誤嚥予防と完全側臥位での食事を教えていただきありがとうございました。食事はすぐにはできないけど唾液誤嚥は皆さんにしていただけるようになりました。   兵庫 E.I    

完全側臥位法アドバイザーの前田です。

回復体位は、完全側臥位とほぼ同じです。

最も誤嚥しにくい姿勢の完全側臥位の利用方法は、2つあります。

  1. 誤嚥予防しながら口から食べる

  2. 唾液を肺の入口から遠ざけて唾液誤嚥予防をする

​この2点をご家族と介護職向けのZoomセミナーをしています。

もう2度と誤嚥性肺炎で入院させたくない方は、受けてみませんか?

回復体位クッションで唾液誤嚥予防しながら、セミナーで学びませんか

詳しくは、

bottom of page