ご家族の皆様へ

準備中

今後予定している【動画配信セミナー】

・2✖️4システムにより、VEやVF検査ができない施設で完全側臥位を実施する方法
・完全側臥位法入門編〜まずは基礎から
・完全側臥位法入門編〜より詳しい入門編

【従来の嚥下治療からのブレイクスルーになる考え方】

・喉頭堤防機能障害  誤嚥リスクにつながる喉頭侵入をさせない被裂喉頭蓋襞などの役割りの解説。口から食べられないと診断された方も、VE検査時に誤嚥リスクの評価ができれば、姿勢を変えるだけで誤嚥リスクが限りなく減少できる場合がある。多くの方が口から食べられる評価の考え方になります。

・2✖️4システム   嚥下診断入門チャート。症状からおおよその原因と対策を導くために、口腔、咽頭、喉頭、食道の4つの臓器に各2つの機能障害を考える。病院での嚥下治療だけでなく、在宅や施設でも対応できる。

 

​株式会社甲南医療器研究所

神戸市長田区苅藻通2-7-6

無料プレゼント!

購読登録または会員登録された方は、
飛騨市民病院栄養サポートチーム作成の

完全側臥位姿勢調整パンフレット

をプレゼントします。

©2021 by 完全側臥位法の理論と実践をサポート。