攻めの側臥位、守りの側臥位

高齢化社会に突入し、嚥下障害が及ぼす範囲は広がっている。
座位を中心とした日常生活、仰臥位を中心とした休息。
健康な時は食べる、呼吸することは当たり前のことで気に留めなかったことが
嚥下障害によって、食べれない、息苦しい。
日常生活に様々な支障が起こっている。
解決策の一つに側臥位の利用がある。
攻めの側臥位では、
座位や仰臥位で誤嚥リスクがあると診断された方が
側臥位をすることで、誤嚥しないで食べれる。

守りの側臥位では、
座位や仰臥位で過ごしていたり、口が開いた状態では誤嚥リスクが高くなることをVE画像で解説されます。そのような時でも回復体位(完全側臥位)をとると喉の中で何が起こっている

攻めの側臥位、守りの側臥位