top of page

唾液誤嚥で苦しんでいるご家族様へ

こんなに嫌な思いをしながら父はずっと耐えてきたんだ…  
涙が出ました。

父は1日に頻繁に吸引する必要がありました。
取りきれなくてたんが肺に入ってしまったらどうしよう…とすごく不安でした。
入院中、看護師さんにお願いしてとにかく触って慣れることができるように、毎日吸引器のやり方を教えていただいて覚えました。
いろいろな看護師さんが吸引してくださるのを見ましたが、苦しそうに身悶えする時もあり、そんな父を見るのもとてもつらいことでした。

入院中.jpg

どうしたら苦痛を軽減できるのかを知りたくて練習し始めた頃、吸引カテーテルを口や鼻から入れられるというのはどんな気持ちなのだろう…と、父の気持ちを知るために自分で自分の口や鼻に入れてみました。
入ってくるタイミングもわかっているのになんとも言えない怖さで首や肩が緊張して力が入りました。
お鼻に入れた場合は抜いた後もしばらく嫌な感じが残りました。
こんなに嫌な思いをしながら父はずっと耐えてきたんだ…
涙が出ました。

2017.11.07   一命を取りとめた父.jpg

退院して父が家に帰ってきた日、父を家に連れてきてあげられた安堵とまた一緒に暮らせるという喜びが胸に広がりました。
それと同時に、これからは自分が父のたん吸引をしっかりやらなくちゃと、気が引き締まる思いと緊張感がありました。

2018.05.30  退院して家に帰ってきてホッとした顔の父.jpg

何度も父の様子を見に行き、ゴロゴロしたら吸引するようにしていましたが、心配で落ち着きませんでした。
ゴロゴロしているのに取りきれない時には咳をしてもらって、たんが上がってきたら取るように教えていただいたので、父に咳を促して取るようにしていましたが、咳をするということも父には難しいようでした。
吸引そのものが父を疲れさせているように感じて、する私もとてもつらくて…謝りながらしていました。
このようにたん吸引はつらいものでしたが、福村先生から教えていただいた回復体位のおかげで、父も私もずいぶん楽になりました。

2018.08.17  回復体位でスヤスヤ.jpg

父はパーキンソン病による拘縮があり、首の骨が反り返ってしまっています。

福村先生はそのことによって、つばを貯めるスペースを骨が潰していて、普通の人より仰臥位にすると唾を貯められるはずのスペースがなくなってしまっているため、仰臥位になることで唾液誤嚥が持続的にあることを教えてくださいました。

唾液をなんとかするために、とても体力を使うからなるべく仰臥位で過ごすことをやめて側臥位で過ごすと良いことも教えてくださいました。

吸引してもすぐにゴロゴロしてしまうのはそのためだと知りました。

2018.08.03 円背と首の反り返りがわかる写真.jpg

さっそく回復体位にしてみると、痰が自然と口の外に流れ出てきて、ゴロゴロしないので、とても呼吸がしやすそうで首や肩の緊張もなくリラックスしています。
吸引もずいぶんと楽になりました。
つらい鼻からの吸引はしなくてよくなりました。

父の苦しみを減らすことができて、私もずいぶん救われています。
吸引に対する不安がなくなり安心して在宅でみることができることは、本当にありがたいことです♡
たん吸引の苦しみが軽減される方法があることも、完全側臥位によって経口摂取できるのと同じくらい世の中に広まってほしいことです。

「唾液が肺の方に行かないようにすると食べることにつながる」
福村先生の言葉をしみじみと感じています♡

回復体位.jpg

そして、退院後

完全側臥位法をご指導していただける

機会をいただけました。

退院から25日目の日、完全側臥位で父を診ていただいて、父は237日
ぶりにお口から食べられるようになりました。

237日ぶりに口にしたのは

豆乳ヨーグルト

久しぶりに父が喜んでくれました。

237日ぶりに口にした豆乳ヨーグルトはどんなにかおいしかったことでしょう☆
本当にうれしかったです。

2018.09_edited.jpg

急性期病院では「食べられるようになる道のりはとても厳しい」

リハビリ病院では「リスクが高いから口から食べることは無理」と言われてしまった父ですが

​口から食べる喜びを取り戻すことができました。

入院中.jpg

入院中に疑問を感じたご家族の声

【退院前に購入されたご家族の場合】

無事に退院し何とか入院前と同じ車椅子に座って帰宅しました。喉のゴロゴロ音が強く、言葉も聞き取れないため、1ヶ月外されたままの義歯を入れた途端むせ込みました。入院前にはできていたゴックンと唾液を飲み込むことも難しくなっており処理できない唾液が喉の奥にあるようで辛そうでした。早速ベッドに横にして回復体位クッションを使ってみたところ、すーっと表情が和らぎ、呼吸が楽になるのがわかりました。その状態で軽く吸引をすると、唾液が簡単に吸引できました。

病院では唾液で窒息したり、痰吸引が頻回だと聞いていたので自宅での夜間の対応を心配していましたが、回復体位クッションを使って寝ている間は、全く痰絡みの音はなく静かに眠っていました。本当にクッションを用意しておいて良かったと実感しました。

​退院を控えたご家族

【なぜ医療従事者になかなか伝わらない】
入院することになり、主治医の先生に普段から唾液誤嚥があることを伝えて、家では日中は車椅子で座位をとっているが、病院だとどうしても寝たままの姿勢が長くなり、そのことが心配だとお伝えした時先生から言われた一言です。
「ご心配かもしれませんが、時々はベッドのギャッチを少し上げて上体起こしていますので大丈夫ですよ!」

セミナーで唾液誤嚥の原理を知って、改めて恐ろしくなりました。
その対応で、病院からは唾液誤嚥が止まらず吸引も頻回でなかなか厳しい状態だと連絡があったのですから。」

​回復体位クッションをすぐに送っていただきその日から、嘘のようにのどのごろごろがおさまっています。

​早く退院できて本当に良かったです。

​唾液が多くて普段から気を使っていいたご家族

【病院の対応に不信感を抱いたご家族】

年の12月に体調を崩し入院し、年明けには退院できるだろうと言われた。ところが、入院中に痰が詰まって窒息で危篤だから病院に来るようにと連絡があった。それまで誤嚥性肺炎を知らなかった。治ったから食べられるようになってよかったと思っていたら、また痰を詰まらせたからと言って病院に呼ばれた。それから色々調べて寝方が悪いと思うようになった。
入院中の姿勢を見たら、ベッドをギャッチアップしあごを引いた姿勢で寝ていた。入院前は、横向きになって過ごしており痰が絡むことはなかった。
姿勢がおかしいのではないかと思った。
看護師に寝方についてお願いをしたが、医師と相談してからと言われてものすごく不安です。付き添いもできないし、どうしたらいいんですかね。先生からは「誤嚥性肺炎はよくあることですから。」と言われた。話を聞いていて誤嚥性肺炎が防げられるのであればいてもたってもいられない。寝ている姿勢を変えてほしいとどこにいえばいいのか。早く退院させてほしいと言っているが、今は肺が落ち着いていないのでできない。今この瞬間に何かあったらと気が気ではない。個室でも会うことができない、付き添いもできない。24時間見ていたい。横向きになるだけでも先生と相談したい。信じて待つしかないのでしょうか。信じて待って2回誤嚥性肺炎になってしまった。

ようやく帰ってきた姿を見て涙が止まりませんでした。

​口から食べるのは難しいけど、回復体位クッションでしっかり唾液誤嚥予防をしていきます。

今、ご家族が入院されているなら

家族を守るために、

入院中に観察してください。

​嚥下障害があるのに

  • 仰向けで寝ていませんか?

  • 頻繁に吸引していませんか?​

  • 誤嚥性肺炎は繰り返すもの」と説明を受けましたか?

  • 入院中に誤嚥性肺炎を繰り返した方が、病室にいませんか?​

上記の内容をしている病院では、誤嚥させない方法を理解されていないので「回復体位でお願いします。」と言ってもしてくれません。​

全ての病院がそうではないですが、ご家族を守るために確認してください。

あなたの吸引では、唾液による誤嚥性肺炎を防ぐことはできません!
​次の動画で説明します。

肺の入口をきれいにしておくことで

  • 呼吸が楽になる

  • 喉のゴロゴロがなくなる 

  • むせや咳き込みが治まる 

  • むせずに食べられる

家族や介護職が行える「口・鼻」の吸引では、肺の入口の唾液などを吸引することはできません。

・吸引したのに、5分もたたないうちに喉がゴロゴロ鳴る

・ぜーぜーと呼吸が荒い

・いつまで吸引を続けたらいいのか分からない

このような経験はありませんか。

​これらは、不要な吸引な場合があります

ご家族のVF(嚥下造営検査)、VE(嚥下内視鏡検査)や嚥下評価は、座位やリクライニング姿勢でしたか?
完全側臥位では、座位やリクライニング姿勢で誤嚥のリスクがあるから、食べられないと言われた方の6~7割は食べられています。

確認してください。
喉がゴロゴロしている時に、側臥位にしたら喉のゴロゴロがなくなると
完全側臥位で食べられる可能性があります。

​完全側臥位法の冊子「完全側臥位法のすすめVol.3」を無料でプレゼントします。

次の申し込みボタンから受け取ってください。

内容 (A5 10ページ)

  • 横になって食べよう(福村直毅医師)

  • 完全側臥位法の定義

  • 空気と食材の流れ

  • 食材は重力の作用により移動する

  • 完全側臥位法の代表的な嚥下機能代償

  • やってみよう完全側臥位法

  • 持続性唾液誤嚥予防

  • 介護分野でのセミナー

  • 医療従事者向け完全側臥位法 講師派遣  (Zoom・現地)

  • 完全側臥位法サポート商品

Zoomセミナーに参加しませんか

実は、唾液誤嚥は姿勢を変えるだけで防げることができます。

  • 誤嚥性肺炎で入院したくない

  • 吸引を減らしたい

  • ​口から食べ続けたい

​をかなえられる内容になります。

ご家族や介護職を対象にしていますので、セミナーでは難しい医療用語を使いません。
セミナーでは、3つのことをお伝えします。

1.誤嚥する仕組み、誤嚥しない理由

喉の立体構造を知ることで、誰でも誤嚥予防は予測が可能になります。
「のど」の中が見れる透明モデルを使って、誰が目ても直感的に理解できます。

2.誤嚥しやすい姿勢、誤嚥しにくい姿勢

柔らかくしたり、とろみをつけたり、ペーストにしたり、一口量を少なくしても誤嚥しやすい姿勢では、限界があります。
誤嚥しやすい姿勢とは、重力によって、唾液や食べ物が肺に入りやすい姿勢です。
誤嚥しにくい姿勢とは、重力によって、唾液や食べ物が肺に入りにくい姿勢です。

3.  食事中の誤嚥予防をしながら食べる完全側臥位について

どのような方が有効なのか、食事の際の注意点などについてお話しします。

 Zoomセミナーに参加しませんか

日時:不定期木曜日 14時~15時ごろ
オンライン(Zoom)で行います。

誰でもできる誤嚥予防の方法を「Zoomセミナー」で分かりやすくお伝えします。

セミナー参加に申し込む (2).jpg

セミナー参加者の声

【唾液誤嚥を防ぐ方法を正しく理解することができる】
「喉の構造がとても良くわかりました。唾液誤嚥を防ぐ方法を正しく理解することができる想像以上の内容でした。

​自宅介護をされているご家族

【側臥位での食事論理を学びたい】

4年前に誤嚥性肺炎で入院、医師から口から食べることを禁止余命2ヶ月と言われた。納得ができずSTに相談したら家に戻れば元に戻ると言われた。色々調べて完全側臥位法を知らずに側臥位にしたら食べられた。今では常食も食べられている。2週間前に骨折で入院し飲み込みができなくなった。入院先の医師や看護師には側臥位で食べるなんてとんでもないと言われたが他の嚥下外来の医師には食べられるのであれば、そのまま側臥位で食べればいいと言われた。経験値から行っていた側臥位での食事を論理的に学んで利用者さんに紹介できたらと思い参加した。
側臥位法を学びたい介護事業者

【励ましあう参加者に胸が痛みます。セミナーをやり続けます。】

昨年の12月に体調を崩し入院し、年明けには退院できるだろうと言われた。ところが、入院中に痰が詰まって窒息で危篤だから病院に来るようにと連絡があった。それまで誤嚥性肺炎を知らなかった。治ったから食べられるようになってよかったと思っていたら、また痰を詰まらせたからと言って病院に呼ばれた。それから色々調べて寝方が悪いと思うようになった。
入院中の姿勢を見たら、ベッドをギャッチアップしあごを引いた姿勢で寝ていた。入院前は、横向きになって過ごしており痰が絡むことはなかった。
姿勢がおかしいのではないかと思った。
看護師に寝方についてお願いをしたが、医師と相談してからと言われてものすごく不安です。付き添いもできないし、どうしたらいいんですかね。先生からは「誤嚥性肺炎はよくあることですから。」と言われた。話を聞いていて誤嚥性肺炎が防げられるのであればいてもたってもいられない。寝ている姿勢を変えてほしいとどこにいえばいいのか。早く退院させてほしいと言っているが、今は肺が落ち着いていないのでできない。今この瞬間に何かあったらと気が気ではない。個室でも会うことができない、付き添いもできない。24時間見ていたい。横向きになるだけでも先生と相談したい。信じて待つしかないのでしょうか。信じて待って2回誤嚥性肺炎になってしまった。

もう一人のご家族さまが、私とこもなかなか退院できなかったんです。でも何度も退院させてほしいとお願いしました。先生は、「まず家庭でみれる環境を整えなさい。本当なら療養病院に行く段階だけど。」と言われた。先生の言う通り環境を整えて退院したいと言い続けてやっと退院できた。今は、完全側臥位で果汁を飲んでいます。できたら口から食べることを探しています。
必ず熱意は伝わるので悲観的になりすぎず、できることからやるようにすればいい。よくなるように私も祈っています。後悔ないようにお互い頑張りましょうね。

励ましあうご家族

【口から食べることをあきらめたくないご家族】

今年の1月に尿路感染症による敗血症で緊急入院した後、口から何も食べられなくなった。もともと嚥下障害は多少あった。今は、つばも飲み込むことが難しい状態でもうこれ以上回復は難しいと医師に言われた。 オンライン面会が週1回できている。現状、ベッドをギャッチアップして仰向けで寝ている。言語聴覚士にどういうリハビリをしているかと尋ねると、「30度ギャッチアップにしてちゃんとやっています」と言われた。 言語聴覚士のリハビリは、週1、2回覚醒時に行なっている。それってリハビリになっていないのでは、リハビリは毎日コツコツとやっていくもの。現時点で飲み込みができないと判断されたことに不信感を持っている。 医師から「毎日小さい誤嚥性肺炎を起こしている」と言われており、「それはどうにもならないのか」と医師に聞くと、「どうにもならないと言われた。」ホームページを何度も何度も拝見して、どうにもならないわけではないということを確信した。何とかならないものかと思いセミナーに参加した。 完全側臥位や家族の要望を取り入れてくれる在宅医療を早く行いたいと感じた。諦めずに自宅の受け入れも整えて父の負担を軽減し父にとって一番良い状態にしてあげたい。

口から食べることをあきらめたくないご家族

Zoomセミナーに参加しませんか

  • 2024年8月08日 14:00 – 15:30
    Zoom会場
    誤嚥性肺炎の予防についての情報が広まっていない現状は、非常に残念です。側臥位にするだけで誤嚥性肺炎を予防できることや、むせて食べられない方が側臥位になるだけで食べられるようになることは、多くの人に知ってもらいたい重要な情報です。また、唾液を口から出すだけで誤嚥性肺炎での入院を減らせるというのも、簡単に実践できる予防策です。これらの情報がもっと広まることで、多くの人が最後まで口から食べられることが当たり前の社会になったほしいです。
  • 2024年8月22日 14:00 – 15:30
    Zoom会場
    誤嚥性肺炎の予防についての情報が広まっていない現状は、非常に残念です。側臥位にするだけで誤嚥性肺炎を予防できることや、むせて食べられない方が側臥位になるだけで食べられるようになることは、多くの人に知ってもらいたい重要な情報です。また、唾液を口から出すだけで誤嚥性肺炎での入院を減らせるというのも、簡単に実践できる予防策です。これらの情報がもっと広まることで、多くの人が最後まで口から食べられることが当たり前の社会になったほしいです。
  • 2024年9月05日 14:00 – 15:30
    Zoom会場
    誤嚥性肺炎の予防についての情報が広まっていない現状は、非常に残念です。側臥位にするだけで誤嚥性肺炎を予防できることや、むせて食べられない方が側臥位になるだけで食べられるようになることは、多くの人に知ってもらいたい重要な情報です。また、唾液を口から出すだけで誤嚥性肺炎での入院を減らせるというのも、簡単に実践できる予防策です。これらの情報がもっと広まることで、多くの人が最後まで口から食べられることが当たり前の社会になったほしいです。
  • 2024年9月19日 14:00 – 15:30
    Zoom会場
    誤嚥性肺炎の予防についての情報が広まっていない現状は、非常に残念です。側臥位にするだけで誤嚥性肺炎を予防できることや、むせて食べられない方が側臥位になるだけで食べられるようになることは、多くの人に知ってもらいたい重要な情報です。また、唾液を口から出すだけで誤嚥性肺炎での入院を減らせるというのも、簡単に実践できる予防策です。これらの情報がもっと広まることで、多くの人が最後まで口から食べられることが当たり前の社会になったほしいです。
  • 2024年6月19日 16:00 – 17:30
    Zoom会場
    嚥下障害治療として注目されている「完全側臥位法」を介護分野では、誤嚥性肺炎予防と安全に口から食べることに活用されています。完全側臥位法の原理をイラスト、写真、動画から視覚でお伝えします。誤嚥性肺炎で入院させたくない。最後まで口から食べさせたい方へ、2つのセミナーで詳しくお伝えします。「唾液誤嚥予防セミナー」  「口から食べる完全側臥位セミナー」
  • 2024年6月05日 16:00 – 17:30
    Zoom会場
    嚥下障害治療として注目されている「完全側臥位法」を介護分野では、誤嚥性肺炎予防と安全に口から食べることに活用されています。完全側臥位法の原理をイラスト、写真、動画から視覚でお伝えします。誤嚥性肺炎で入院させたくない。最後まで口から食べさせたい方へ、2つのセミナーで詳しくお伝えします。「唾液誤嚥予防セミナー」  「口から食べる完全側臥位セミナー」

セミナー情報   無料Zoomセミナーは2023年12月で終了いたしました。

今すぐ、唾液によるむせを何とかしたい方へ

唾液によって呼吸がしにくいときは、救命救急での回復体位が有効

回復体位は、緊急時における重要な応急処置の一つです。意識があるが、嘔吐のリスクがある人を安全に保つために用いられます。この体位は、気道を開放し維持することで、呼吸を容易にし、唾液や嘔吐物が気道を塞ぐのを防ぎます。

回復体位で過ごせば、唾液誤嚥の心配がなくなる、不要な吸引が減ります。

もう2度と誤嚥性肺炎で入院させたくないなら回復体位の時間を増やすことです。

回復体位クッションのご注文はこちらから

​送料無料 申し込み後2~4日でお届けします。(土日祝は、含まず)

唾液誤嚥予防セット
回復体位クッションとピタットくん90ワイドのご注文はこちらから

​送料無料 申し込み後2~4日でお届けします。(土日祝は、含まず)

bottom of page